闇金体験談|取り立て編イメージ画像

最新の闇金体験談をお送りします。今回は実体験をもとに闇金からの取り立ての実態についてです

闇金取り立て事情

闇金の被害はこういうものがある!というお話は以前もさせてもらいましたが、当サイトへの相談者からのお話をもとに実際にこのようなことをされたという内容をお話させて頂きます。

闇金の取り立てが会社へ

会社への取り立て

相談者Aさん【融資額5万円10日3割】返済日は給料日を指定していて振り込まれたらすぐに返済する予定でした。Aさんは会社の業績悪化で一気に給料が減り、最終的には給料の遅延が当日に起こってしまい返済が遅れてしまったとのこと。そのことを伝えても納得してもらえずに、連絡先を教えていた会社に何度も連絡が来て会社の上司や同僚にバレてしまったそうです。連絡だけにはとどまらず、実際に会社まで闇金は取り立てに来て会社へ不法侵入、会社を荒らし回り暴行を行い帰ったそうです。そのことで会社にクビになり損害賠償を請求されてしまったそうです。

会社への取り立てはもちろん違法ですが・・・

そもそも闇金の営業だけで違法です。正規貸金業者は本来、貸金業法に基づき営業していますし、取り立て行為も細かく法が定められています。その為大手消費者金融や中小消費者金融、正規貸金業者は定められた方に基づき返済催促を行いますから会社まで来ることは無いでしょう。しかし闇金業者は法なんて関係ありません。取り立てしてもしなくても、もともと違法ですからこのような暴挙に出ることもあります。

闇金の取り立てが家族の崩壊に

取り立てで家族崩壊

相談者Bさん【融資額10万14日間4割】返済日はボーナスを見越しての借り入れでした。元金と利息を含めた金額をきっちり返済したにも関わらず知らなかった手数料の名目で更に3万円ほど支払いを求められその分は返済できずにいました。自営業でしたので会社への取り立ては問題ありませんでしたが、闇金の取り立ては家族へ・・・奥さんにも知らされ取り立ては奥さんの家族のもとへ・・・その後家族からは見放され離婚。

家族への取り立てで代替返済

保証人以外に返済を求めることは法律的に違法となりますが、前途で述べた通り取り立ての法律なんて気にしません。ソフト闇金は基本的に保証人を必要としませんが緊急連絡先として家族や知人の連絡先を教えることになります。当初連絡先を聞いても連絡することは無いと言っているのにも関わらず、返済が遅れた際には代わりに支払うように連絡することもあります。よく考えて利用しなければなりませんね。

闇金からの嫌がらせ

相談者Cさんは利息を支払い続け、期限は守っていたものの、急に元金の全額返済を要求されていました。金額は20万円に膨れ上がり、返済に困っていたそうです。利息の返済はしているので家族や会社に取り立てなどは来ませんでしたが元金の全額返済を求められ、支払い可能日を告げてから家に頼んだ覚えの無い出前が届いたり着払いで荷物が届いたりが続いたそうです。返済完了してから、なくなったので間違いなく闇金業者の嫌がらせでしょう。闇金の嫌がらせは他にも多く寄せられていて出前はもちろん着払いで荷物が届いたり深夜に嫌がらせ電話が来たり、会社情報をばらまかれたりなど沢山あります。

闇金からの痛がらせを止めるには

闇金からの嫌がらせを止めるためには闇金に強い弁護士を探し、相談してみるのが手です。利息のみならず元金の返済も止めてくれる可能性があり、それと同時に嫌がらせも終わります。警察への連絡も手ですが警察は相手が闇金として活動しているということを立証してからしか動くことはできず、時間がかかる場合もあり、相手に知られたら嫌がらせが加速し身の危険が迫ってくると考えてもいいでしょう。弁護士への相談は2万円~5万円と安くはありませんが警察より早く動いてくれますし嫌がらせも止まります。その後の相談も引き受けてくれるので、一回解決したら終わりと言うわけではなく安心してその後を過ごせるでしょう。

闇金の取り立て実態│まとめ

闇金からの取り立て被害を起こさないためにはまず初めに返済することです。闇金からの借り入れを返済する必要が無いというのは皆さん聞くと思いますが、借りたものは返す。というのが人としてのルールでしょう。それに、上記のような闇金からの取り立てで家族や会社に知られたら、その後は闇金を使った人・返さない人と思われて過ごさなければなりません。闇金を利用して家族崩壊が起きたり、会社をクビになったりする可能性もありますし、周りは覚えています。返さなくて良いからそれで良いと思っているなら構いませんがその後の人間関係に多く影響してきます。最近のソフト闇金のような営業体制ですと最低限返済していれば取り立て被害は起こりません。その為ソフト闇金口コミなどを利用して詐欺業者ではないかを確認し利用しましょう。