闇金被害相談するにはイメージ画像

闇金・ソフト闇金は法外な利息も問題ですが、闇金・ソフト闇金を利用して起こる取り立て被害や詐欺被害も大きな問題となっています。当サイトにも記載していますが、事前にソフト闇金の口コミなどを確認して被害に遭わないようにするのが一番ですが、お金が必要なタイミングは急ですしその時は焦ってしまって・・・なんて声もあります。今回はもし被害に遭ってしまったら、どのような方法で解決できるのかをご紹介します。

よく寄せられる闇金相談

よくある被害

闇金問題・闇金の被害相談は大変多く寄せられます。最も多いのは利息が払えなくなり悪質な取り立てに遭ったり嫌がらせされているという相談でしょう。闇金が法外な利息を請求しています。ソフト闇金でも10日で3割の利息がかかります。5万円の融資を受けたら10日後には1万5千円をプラスして返さなければなりません。どう考えても難しいですよね。最初は大丈夫だと思っても支払いを続けるいつか苦しくなってしまいます。

闇金の取り立て被害

正規の貸金業者ですと貸金業法によって法律で定められている範囲でのみ取り立て行為が可能です。取り立て行為は法律により禁止されているもの、貸金業法以外での法律違反など様々ありますが、闇金相談でよく寄せられる被害をもとにご紹介します。

深夜に取り立てに来て騒がれた
8時~21時以外に取り立て行為を行ってはいけません。訪問だけではなく電話などの取り立ても禁止されています。
会社や家族・知人にバラされた
本人と連絡が取れないなどの理由以外で債務者以外に借金の事実を伝えることは禁止されています。
帰ってとお願いしたにしつこく帰ってくれない
退去をお願いされたのに退去しないのも違法です。
張り紙を貼られて恥ずかしい思いをした
他社に借金していることが見えるように張り紙や手紙を置いては行けません。
返済のために他社や闇金で借りるように脅された
返済の為に他社から借りるように促す行為は禁止されています。消費者金融だけではなく、連帯保証人や保証人でもない人に返済を求めるのも禁止されています。

脅迫や恐喝など、貸金業法以外の法律も大きく関わってきます。ネットなどで調べると上記の行為が嫌がらせとして記載されていることが多いですが、法律違反ですので嫌がらせなんて軽いレベルではありません。

闇金被害│口座不正利用など

闇金被害は取り立て以外もあります。口座買い取りや携帯の買い取りを返せない人に要求するという行為もよく聞く話です。

携帯電話の買い取り
返済が間に合わない人に携帯電話の契約を迫ります。摘発を逃れるために電話番号を変える必要があるので高額で買い取り、借金を減らしたりします。行為時代は違法では無いですが、キャリアに対する詐欺行為となる場合もあります。
口座の買い取り
返済させる際の口座も、摘発を逃れるためにコロコロ変える必要があります。これに関しては売買ともに犯罪行為となりますので大変危険です。

お金と引き換えにいろいろなものを失います。よく考えてから行動してください。

闇金被害│知らずに巻き込まれてしまう。

自身が関わらなくても知らずに巻き込まれてしまったり、友人や知人・家族が巻き込まれてしまう二次被害も存在します。闇金は融資の際に必ず家族や知人の連絡先を教えることになります。その為、返済が滞った場合には必ず知人や家族に連絡が行き取り立てが行われます。

闇金相談│闇金被害の相談先は?

闇金相談

被害に遭っても、誰にどこに相談したらいいのかわからない人が多いと思いますので、実際に被害に遭って解決に至ったパターンをご紹介させて頂きます。

闇金被害│警察に相談

闇金被害の解決のために警察に相談するというやり方もあります。取り立ての被害に関しては恐喝や脅迫が該当しますから警察に対応してもらうことができます。しかし、闇金業者が営業している証拠などを掴んで把握してからの行動になりますので、警察が対応してくれるまで時間がかかります。

闇金被害│弁護士に相談

警察よりも迅速に対応してくれます。デメリットとしては2万円~5万円の費用がかかることですが、利息の返済も止めることができる場合もありますので、利息を払い続けなければならない状況なら5万円でも安いでしょう。以前までは闇金相談を受けてくれる弁護士事務所は少なかったですが、今では闇金専門の弁護士もいるくらいフットワーク軽く対応してくれます。警察に相談するよりも確実に、早く対応してくれるので安心できるでしょう。