闇金のDMは危険信号?イメージ画像

ブラックでも50万円まで絶対に融資します。そんなダイレクトメールが届いたことはないでしょうか?届いたことがあるという人は、おそらく闇金を過去に利用したことがある、または現在利用中の方でしょう。どのような経緯でDMが送られて来るようになったのか?なぜDMが送られて来るだけで危険なのか?その危険性と対策をお伝えします。

闇金からのDMは危険!?

まず。闇金を利用したらどのような被害に遭う可能性があるかをお伝えします。

  • 個人情報が流出し、口座や名前を利用される
  • 在籍確認を行う際に会社にバレる可能性がある
  • 知人や友人の連絡先を担保に取られる

などなど多くの危険性が存在します。一番最初に記載した個人情報の流出は利用した闇金業者からの被害だけでは収まらず2次被害がたくさん潜んでいます。

闇金業者からの二次被害

悪質な闇金業者を利用してしまい、個人情報が流出してしまった。その流出には名簿屋と呼ばれる人たちが関係しています。

闇金業者から名簿屋へ│闇金からのDM

名簿屋への流出

名簿屋と呼ばれる業者は、多くの個人情報を取り扱っていて名前住所生年月日はもちろんクレジットカードの番号、限度額など細かな情報を持っている名簿業者も存在します。もちろんその中には闇金の利用情報なども存在していたりします。これらは闇金の営業に使われることも多く、摘発を避けるためにピンポイントで営業をしなければいけない闇金業者にとってはかなり利用価値は高いでしょう。

ダイレクトメール

名簿を入手したら、闇金業者はダイレクトメール・電話・メールで営業を行います。メール、電話は無視される可能性が高いですが、ダイレクトメールは一度は目を通してしまいます。一通ではなく定期的に送ったり、違う業者を装って同時期に何通も送ったり非常に厄介です。しかし目を通してしまったら印象に残りますからお金が困った時思い出しふと電話してしまうことが多いのです。その点簡単に無視できてしまう電話やメールよりも厄介です。もともとのターゲットは正規消費者金融金融で借りれない人たちなのですから頼るべきはそこしかありません。電話よりもメールよりも、印象に残る度合いが違うのです。

闇金から個人情報の流出!最も危険なこと

営業が来るだけでは借りなければいいのですから問題はないでしょう。しかし、個人情報が流出することで更に危険な事件に巻き込まれる可能性が出てきます。悪質な闇金業者の場合、個人情報を利用します。貸してもいないのに取り立てを行ってきたり、時には会社に闇金使っていることをバラされたくなければ払えなどを言ってきたりなど。危険がいっぱいです。

被害者が逮捕されるケース

被害を受けるだけならましかもしれません。お金は貸せないが口座を買い取る。なんて言われたらどうでしょうか。闇金利用者の多くは闇金の返済に手が回らなくなり別の闇金を利用する...。そこで返さなくてもいいから口座を買い取らせろと言われたら、一時の判断の迷いで売ってしまう可能性も出てきます。口座を脅し取られたのなら、逮捕となるケースは100%ありませんが、お金がほしいから売ったと言った場合には過去、逮捕のケースもありますのであなたが被害者ではなくなってしまうのです。

街金からの個人情報流出│街金と闇金の違い

正規消費者金融のダイレクトメールが入っていて、正規消費者金融から借りたから個人情報とかは大丈夫!そう思っていても罠があります。借りたところは本当に街金、正規消費者金融ですか?

街金を装った闇金

正規消費者金融(正規貸金業者)として運営するためには都道府県や国に届け出を出す必要があります。許可が降りた場合には許可番号位が発行されます。それでようやく、正規貸金業者として運営できるようになるのです。しかし、一般の人はそれを知りませんし街金を装った闇金業者も多く存在しますので、知らずに闇金を使っていた、知らずに情報流出が起きていたというケースも問題になっています。

個人情報流出

個人情報の流出

今度は、利用していないから大丈夫と思ったあなた。まだ危険は潜んでいます。インターネットでの一括審査での流出や闇金掲示板、個人融資掲示板などを利用してしまった場合にも同様の流出が起こる可能性を秘めています。

まとめ

闇金を利用しての個人情報流出の危険性は営業をかけて来るというだけには留まりません。闇金業者なので良し悪しを見抜くのは難しいですが、口コミや評判、情報を当サイトにてまとめていますので、各ページを御覧ください。