闇金に個人情報が・・・【闇金被害】イメージ画像

お金の問題はなかなか他人に相談しずらい問題です。

闇金の取り立てがきつい闇金の利息返済が回らない などのお話をよく聞きます。

お気付きかもしれませんが、事後相談が多く〇〇は闇金ですか?とか大手消費者金融業を断られて途方に暮れているという相談がほぼ無いんです。

闇金業者を利用し個人情報を教えることがどれほどリスクがあることなのかを理解せずに利用する人は結果苦しむこととなります。また、安易な考えで友人の個人情報を教えてしまったりする人もいるくらいです。

闇金はおすすめできませんが世の中には大手消費者金融も利用できず、中小消費者金融も断られ闇金やソフト闇金しか利用できない・・・そんな人がたくさんいます。 どうしたらいいかわからず、自殺を考えるくらいなら闇金を利用するほうがいいと思うかもしれません。
しかし、自分だけではなく他人にも迷惑が掛かってしまう可能性もあると考えましょう。

もし自分が闇金を利用するなどして関わってしまったら起こりうる可能性のある被害を出来る限りお伝えさせていただきます。

闇金被害

闇金被害

ソフト闇金が登場してから、闇金ウシジマくんのようなみんなが思い描いているような闇金は少なくなってきましたが、今でも悪質な闇金業者は多く存在し、被害は後を絶ちません。現代では、闇金ではなく詐欺として取り扱われることも多く注意が必要です。

闇金の取り立て

闇金の取り立て

借金の取り立て被害は貸金業法改正以前はよくある相談でした。

取り立て行為は以前まで法律が緩く大手消費者金融業者が非人道的な取り立て行為をおこなっていたと話題になり、その結果貸金業法改正に伴い取り立て行為の法律が細かく定められたくらいです。

改正後の借金催促(取り立て行為)に関する法律

催促時間の厳守
午後9時から午前8時の間に電話や訪問をしてはいけないと定められています。連絡が取れない場合や債務者の都合により連絡が取れる時間が規定時間外の場合は正当な理由として扱われるのでこの法律から除外されます。
生活を阻害する連絡や訪問
何度も電話したり、訪問したりして返済催促を行うことは禁止されています。連絡が取れない場合は正当な理由として扱われるので除外されます。
債務者以外への情報漏洩
張り紙や、家の前で大声を上げるなどの債務者が借り入れを行っていることを周りに知らしめたり漏らしたりすることを禁止しています。直接的に貸金業法で取り締まりが行われることはありませんが、その他法律により禁止されている行為です。
返済斡旋(あっせん)
自社の借入を他社やクレジットカードを利用させ返済を要求する行為は禁じられています。
債務整理後の支払い請求
弁護士に債務整理を行い、調停や破産手続きを済ませた後に正当な理由なく支払い要求を行うことは禁じられています。

今の時代、大手消費者金融が非人道的な取り立て行為を行っているという口コミやニュースは聞きませんが、闇金業者は運営しているだけで違法であるので貸金業法なんて関係ありません。回収できて利益が出ればそれでイイと思っている業者が大半でしょう。そのために闇金業者の取り立て被害は減ることはありません。

闇金業者の取り立て被害

取り立ての被害

闇金の取り立てはいきなり悪質な取り立てを行うわけではありません。いきなり暴力的な取り立てを行い、警察や弁護士に相談されてしまったら回収できるお金も回収できなくなってしまいますよね。そのため連絡がつかなくなったり、返済が遅れたり、返済する意思が見えなくなると徐々にエスカレートし債務者の精神を追い込むような取り立てを行ってきます。

徐々に悪化する取り立て

  1. 本人へ電話が掛かってきて返すように促されます
  2. 電話の内容や話し方が暴力的に・・・
  3. 債務者の自宅へ訪問し取り立て行為
  4. ドアを蹴ったり大声を出したりして暴力的になっていきます
  5. 連絡が取れなくなったら、会社に電話を掛ける
  6. 会社に訪問して大声や暴力的な行為を
  7. 家族や知人に肩代わりさせる

この行為にあなたは耐えられますか?貸金業法や法律的にこれらの行為は違法行為ではありますので正規貸金業者は一切このような行為を行いません。しかし、闇金業者はもともと違法な業者ですから法律に縛られていません。もとから法律なんて無視、高い利息を支払わせ儲かればそれでいいのです。

取り立て被害の解決方法

闇金取り立ての解決方法

自分の判断でお金を借りたのですから借りたものは返しましょう。返せないなら借りないように。お金を借り無ければ生きていけない状況に追い込まれたことが無い人はそう言うでしょう。借金やお金の体験談は否定的な意見や馬鹿にした意見を言ってきます。お金に関して切羽詰まってしまうと、落ち着いた状況でなんていれないんですよね。

闇金の取り立て行為に関して困ったら法的に相談するのが一番です。 大勢で訪問してきて声をあげたり、ドアをけ飛ばされたりしたら警察に相談するのが一番だと思うかもしれませんが、警察では証拠集めを行い実際に行動するまで時間がかかります。昔は闇金の借金返済相談を受けてくれる弁護士は少なかったですが、今は闇金に強い弁護士事務所も存在しています。
精神的に病んでしまい、追い込まれる前に相談してみましょう。もちろんお金は掛かりますが・・・

まとめ

闇金はお金に困ったら考えてしまうと思いますが、多少のブラックでも、中小・中堅消費者金融に頼るという方法も残されています。もちろん、正規貸金業者ですから信用情報により審査がありますし闇金のように誰でも借りれるわけではありませんが可能性はあるでしょう。 闇金の取り立てにおびえる日々を送るか、正規貸金業者で借りれるところを探すかどちらを選ぶかはお任せします。
最悪の場合金利や手数料など明確化されているソフト闇金というのも手ではありますが・・・