闇金業者の種類【紹介屋】イメージ画像

大手消費者金融で借り入れができなくなり困っているとき、融資してくれるところをどのように探しますか?

『誰にでも融資します。債務整理後でもOK』など書かれているチラシを目にしたことはないでしょうか。

普段なら見向きもしないチラシだと思いますが、大手消費者金融で借り入れができなくなってしまった、どうすればいいのか...。そんな時に見かけたら『貸してくれる』と書いてありますから、チラシに食いつき電話してしまうことでしょう。

紹介屋の悪質な手口

紹介屋の手口

紹介屋の手口 個人情報を抜き取る

電話すると緩い条件で融資するので、消費者金融の利用状況や年収、仕事などの個人状況を教えてくれと言われます。

紹介屋は闇金業者とは思えないほど優しく対応し、相手に安心感を持たせて個人情報を話しても大丈夫と思わせてきます。

紹介屋の手口 審査に落とし他社を紹介

個人情報を伝えたのちに、『審査をするのでお待ちください』と言われ一旦電話を切られ、数分後折り返しに電話が掛かってきます。

『審査の結果、条件が合わないので融資できない』と断られてしまいますが、その後〇〇社なら審査が通る可能性があると、ほかの闇金業者を紹介してきます。

その際には、本来ならこの利用状況では審査は通らないがうちから紹介すれば確実に融資してくれます。と特別ルートのように紹介してくるので、電話して良かったと思ってしまうでしょう。

紹介屋の手口 口止め

紹介してくれたところにいき実際に審査させます。その際は紹介屋のことは内緒にしておいてなど利用者の口止めにかかるでしょう。

実際に審査したのち、審査が通った場合はうちが審査に通るようにしてあげたから紹介料を振り込めと言ってくるでしょう。

本来通らなかった、うちからの紹介だから借りることができたなど、特別感を持たせれば本当にお金を必要としていたから借りれて良かったと思い紹介料を振り込んでしまいます。

紹介屋と闇金業者の関係性

実際、紹介屋と融資申し込みをおこなった闇金業者はつながりがない場合もあります。
ではなぜ融資希望者が、紹介屋を通じ審査に通ったのでしょうか?

答えは簡単です。もともと審査が甘い会社を紹介しているからなんです。

初めから申し込みした闇金業者のもとに行っていれば借りることができたのですから、手数料を受け取った紹介屋は実際には何もしていません。

実際に融資を受けた人も、本来紹介屋を通さなくても借りることができたのですから余計な手数料を支払っただけということです。

さらに、紹介屋と闇金業者がつながっている場合もあり、融資をおこなった直後に手数料分が戻ってくる状況を作り出している紹介屋・闇金業者も存在します。

紹介先が闇金だけではなく、融資希望者の状況から街金でも融資可能な場合は街金を紹介したりすることもあり、その際も無駄な高い手数料を支払うことになり紹介屋を通した融資は必ず損をするといってもいいでしょう。

よく考えれば引っかからない...なんて思う人が多いですが急な出費やお金が必要となってしまう状況は思った以上に焦ってしまうことが多いです。
焦って融資先を探しても結果損をする...。
口コミやインターネットの書き込みで自分で冷静に融資先を探したほうがいいでしょう。