中小消費者金融なら安心ですか?イメージ画像

アコム・レイク・プロミスなどの大手消費者金融はCMや雑誌広告、街頭の看板などで見かけることが多いでしょうから全国的に認知度があり、利用しても安心と考えられるでしょう。
認知されていない消費者金融=闇金業者とイメージしてしまう人も多くいらっしゃいますが、果たして中小の消費者金融は安心して利用できるのでしょうか?
闇金業者 みたいな取り立てや脅しがくるのでは...?そんな不安を解消しましょう。

知らない消費者金融=闇金業者?

闇金と呼ばれている業者の定義は、正規登録していない貸金業者のことを指します。
貸金業者には金融庁管轄の貸金業者登録をおこなわなければならず、正規貸金業者は必ず、登録番号を明記しなければなりません。

貸金業は金融庁により大変厳しく取り締まられていて、ホームページにうっかり番号を載せ忘れてしまった...なんてことはありませんから、番号が掲載されていない=闇金業者と判断してもいいでしょう。

闇金かそうでないかの調べ方

ここって闇金業者? 登録業者の見分け方

闇金業者か中小消費者金融かどうかを判断するためには、金融庁が提供している登録貸金業者情報検索サービスを利用すればわかります。
ホームページや名刺に登録番号が記載されていますので、そちらを記入して検索すれば正規登録の貸金業者ならば検索できます。
また、代表者の名前、電話番号、商号・名称からも検索することができなんらかの理由で行政処分中になっている場合も、処分中とはっきり記載されます。

さて、これで闇金業者か中小消費者金融業者なのか見分けることができるようになりましたが、中小消費者金融業者は100%安全なのでしょうか?

闇金業者ではなく登録貸金業者なら安全?

正規貸金業者だから、何も調べずに利用しても大丈夫というわけではありません。

大手消費者金融業者は、銀行との提携をおこなっていることが多く数人・数百人が延滞や遅延をしても資金的余裕があり、倒産や経営難となることは限りなくゼロに近いでしょう。
しかし、小消費者金融は小さな資金で運営している場合が多く、利用者の延滞や遅延が増えてしまうと廃業に追い込まれてしまうことがあります。
また、この正規貸金業者の登録番号については、金融庁から認可されれば個人でも番号が発行されますので、さらなる小規模の貸金業者も存在するといえます。
個人で運営していれば、法人よりも資金難に陥ることが多く、運営続行不可能となり廃業する業者も多くいます。
果たして、その番号は有効なのでしょうか?

登録番号がある=安全!?闇金業者ではない!?

廃業の届けを提出すれば番号は取り消しとなりますが、届け出を出さない場合登録番号は残ったままとなる場合が多いです。
その場合、使われていない番号であり現在活動していない番号となります。
その番号を闇金業者が無断で利用しホームページなどに掲載していたらどうでしょうか?

登録番号がある=100%安全だから利用する。そのように判断していたら知らないうちに闇金業者を利用し闇金業者に追い込まれてしまった...なんてこともあるかもしれません。

闇金に引っかからないための準備

闇金に引っかからないことの準備

中小消費者金融は大手と違い審査が甘い業者も存在しますから、闇金業者を利用する前の砦として多くの需要があるでしょう。
その中で前途のような中小消費者金融や街金業者を装った闇金業者も存在しますので何も調べずに安易に利用することは避けたほうがいいです。

そこで、利用する前に2つの項目をチェックしておきましょう。

  • 登録貸金業者情報検索サービスで登録番号の検索

    検索したら、必ず代表者の名前・電話番号・住所を頭に入れて比較してみましょう。
    利用場所が東京なのにも関わらず地域が違っていたら、怪しいです。また、番号や代表者の名前が違っていたら中小消費者金融を装っていると判断してもいいでしょう。

  • 会社の口コミをチェック

    上記では見抜けない場合は、口コミをチェックしましょう。
    悪質な取り立てが起きたら、そのことは口コミに記載されている可能性が高く、記載している情報と違っていたら、次の被害者を出さないためにも自身で書き込みをするといいでしょう。

上記の2項目を守れば闇金業者の被害にあうことは少なく、安心して中小消費者金融を利用することができます。

中小消費者金融の審査は甘いといわれていますが、必ずしも自分に合っているとは限りません。何に甘いのかを口コミなどで確認し、自分がどういう状況で審査可否を下されたのかを考え自分に合う中小消費者金融を利用することがで審査を通るコツとなるでしょう。