闇金と街金の違いとは?イメージ画像

闇金と街金を同じようなもの、一緒だと思っている人も多くいるのではないでしょうか?
闇金は絶対に利用しないと心に決めている人でも、街金や闇金との違いを理解していないと知らずに闇金を利用してひどい目に遭った...なんてことが出てきてしまうかもしれません。

知っている人からすれば馬鹿な...なんて思うことも世間一般ではありうる話しです。

グーグルで調べてみると

アコムからお金を借りると家にやくざが取り立てにくるのですか?
など、消費者金融や闇金の知識が混同してしまっている人もいるようです。

そこで、今回は各々の違いについてご説明させていただきます。

闇金・消費者金融・街金それぞれの違い

まず簡単に違いを説明すると

消費者金融
貸金業法に則り法定内の金利や出資上限をもとにお金を貸してくれる業者
街金
小規模な消費者金融業者
闇金
貸金業法を無視した利息や取り立てなどをおこなう貸金業者
サラ金
かつて消費者金融業者が呼ばれていた名前

消費者金融

消費者金融業には貸金業法を含むいくつかの法律が定められており、正規登録業者である消費者金融業者はその法律に則り融資をおこなうことができます。
借りる側にも関わってくる法律であり、総量規制である年収3分の1までしか借りることができないというのは有名ですよね。
総量規制に関しては消費者金融とクレジットカード会社に定められた法律であり、銀行の融資や信用組合・信用金庫労働金庫などは対象外であり、借り入れが3分の1を超えている場合でも、融資がおこなわれる可能性はあります。

街金業者

かつて消費者金融業者はサラ金と呼ばれている時代が存在しました。

サラ金地獄などの言葉が流行し、良いイメージを持たれなくなってしまったことから消費者金融と呼ばれるようになり定着してきました。
サラ金と呼ばれていた時代に街金はサラ金と同じ使われ方をしていましたが現在は消費者金融業者と区別されていることが多いです。

かつての街金は正規登録してある業者であるのにも関わらず法律を無視した金利で融資を行ったりする時代があり、闇金と区別つかない時代もありました。
今でも若干そのような業者は存在しますが、現状の街金のイメージは大手消費者金融業者で借り入れができない人の駆け込み寺のような存在が多いです。

闇金業者

正規登録をおこなっていない業者
闇金のイメージは高い利息や早い返済期限、悪質な取り立てが闇金と呼ばれることが多いですが、国に貸金業として申請を出さずに非正規貸金業者のことはすべて闇金です。 アコムやプロミスなどの大手消費者金融よりも低い利息で、返済も待ってくれるところがあるとしましょう。
その業者が国に申請を出していない非正規消費者金融だったらどのようなところでも闇金なのです。

消費者金融の安全性

大手消費者金融の安全性

混同している人は大手消費者金融で借り入れして期限内に返済できなかったら、取り立てが来るのではないか?と思っている方も多いでしょう。
闇金がどうして朝方に玄関のドアをたたき無理やりにでも返済させようとするのか、家族や親戚・職場などに取り立てに来るのか。
元々が金融業者としての届けてを出していない非正規業者ですから、運営しているだけで摘発対象ですから何しても構わないと思っている業者が多いのです。

大手消費者金融から借り入れを行いどうしても返済できない場合、または返済期限や返済の電話を無視した場合は債権回収代行の会社に債権の所有権が移行され、裁判所を通して差し押さえ施行の案内が届き差し押さえがおこなわれる可能性があります。

闇金業者は正規登録していないわけですから、法律に則ってお金を返済してもらうことができませんので、法外な取り立てを行うしか方法はありません。

貸金業による分類

法律上、正規登録の貸金業者内で呼び方の区別はありません。消費者金融という言葉も使い手が呼びやすいように呼んでいるだけであり、消費者金融業者も街金業者も法的にはなんら区別されていません。

また、街金業者を装った闇金業者も存在するので街金を利用する際には口コミが有効です。
街金業者か闇金か見抜けない...そんな人は必ず口コミを見て判断しましょう。