本当にブラック?【信用情報の確認方法】イメージ画像

当サイトをご覧になっているということは、ブラックとなってしまいブラックでも借りれる消費者金融を探している場合が多いと思います。

しかし、本当にブラックなのか?本当にどもからも融資を受けることができないのか?

明確に言えば、消費者金融の情報にはブラックと呼ばれる状況は存在しません。

返済の延滞や法律で定められている法定金額を超過してしまったなど、金融事故を起こしてしまった人のことをまとめてブラックとまとめているだけなのです。

消費者金融に申込をし断られてしまったから自分がブラックだ...と嘆く必要もありません。

まずは何で断られてしまったのかを把握しておくことが大事です。

申込ブラックの存在

mousikomi.jpg

融資を断られてしまうのには必ず何かしらの理由が存在します。
その中の一つに申込ブラックと呼ばれる状態があることを覚えておきましょう。

一定期間内に多くの消費者金融への申し込みをおこない、申込を断られてしまった状態が続くと申し込みブラックと呼ばれる状態になります。

何社かの消費者金融への申し込みを行い断られてしまうのですからその人の信用情報に何かしらのマイナスがあるということですよね。
実際問題、融資申し込みの審査に関しては利用会社によって若干基準が違います。もちろん人間が行っているのですから当たり前ですよね?

申し込みブラックの状態になってしまった場合、融資申し込みを受け付けられなくなってしまいますから、もし仮に普通の状態で融資申し込みを行っていたら受かったのに...なんてことがあるかもしれません。

消費者金融への申し込みは一か月2社~3社程度にしておきましょう。

申し込みブラック以外にも、いろいろな理由で融資申し込みの可否は決められます。
しかし何が原因で融資を断られたのかを聞いて教えてくれるところは少ないでしょう。

開示できませんと断れてしまうことが多いです。

何を理由に断られたのか?確認する術が存在します。

消費者金融などを利用した場合、信用情報機関と呼ばれるところに情報が保管されます。
正規消費者金融業者なら必ず信用情報機関に登録し情報を保管しなければならない決まりがありますので必ず保管されていることでしょう。

日本にはいくつかの信用情報機関がありますが、すべての信用情報機関は共有され開示されます。
だからこそ一度も利用したことのない消費者金融業者でも、申し込み者の情報が引き出すことができ融資可否を行うことができるんです。

意外と知られていないことですが、自分が銀行やクレジットカード会社・消費者金融を利用した際の情報を各信用情報機関で確認することができるんです。
申し込みブラックになる前に確認しても遅くはないですよね?
各情報機関や情報機関への確認方法は別記事でご紹介させていただきますね。

本当にブラックなのか? 時間経過による情報の破棄

jouhohakki.jpg

今までブラックだから消費者金融やクレジットカード会社を利用できなかった...。そう思って完全にあきらめている場合も多いでしょう。
しかしながら信用情報機関に保管されている情報には保管期限が存在します。
明確に各機関によって情報が開示れているわけではないですが、利用者の状況や証言により5年~7年程度で保管情報が破棄されるようです。

一度金融事故を起こしてしまい、融資を受けれなかった...。一度ブラックだと決まれば融資をあきらめてしまうことでしょう。
しかし、それから何年経過していますか?
もちろん、5年~7年程度ですべて情報が破棄されるかと言われたらそうですとは言えない状況ですから、ある程度年数が経過したと感じたら、前途の信用情報機関に自分の情報を開示してもらうことが大事です。

もちろん信用機関が情報の保管年数を開示しているわけではありませんから、すべての信用機関が5年~7年で情報を破棄するとは言い切れません。
10年保管するところだってあるようですから、7年以上経っているのに情報が保管されているからといって落胆することはありません。