完済できない?闇金の悪質な手口イメージ画像

気がついたら被害に遭っていた。それが闇金の手口でもあります。5万円しか借りてないのに返済額が数十万円に・・・悪質な闇金業者が良くやる完済させない手口を理解しましょう。

利息を延々と・・・完済させない悪質な闇金業者の手口

まずは闇金のシステムをご紹介させて頂きます。あくまでも一般的なシステムなので闇金業者によって多少異なる場合もありますがご了承ください。

5万円を10日3割で借りた場合
完済するためには10日後に6万5千円支払う必要があります。
利息
利息を計算すると1万5千円ですよね。元金を返済せずに利息のみを返済する場合10日後に1万5千円支払えば元金を返済せずとも10日間待ってくれます

一見親切なシステムに感じますが、利息のみ返済し10日待ってもらった場合、5万円しか借りていないのに利息だけで3万円です。もう10日間待ってもらった場合、ほぼ借りた額と同額の利息を支払うこととなります。こうやって闇金業者は利益を出していきます。お金は返してもらいたいと思うのが普通ですが、返して貰わない方が利益は出るのです。更に、悪質な闇金業者はいろいろな手を使い完済させないように仕向けてきます。

闇金業者への事前連絡

まず第一に、事前連絡というシステムを利用し完済できないように仕向けます。闇金は摘発を逃れるために他人名義の口座を利用しています。自分の口座を利用すると摘発の恐れがありますし同じ口座を利用し続けても摘発の危険があります。その為返済の為の振込口座がよく変わるんです。その為返済日の前日には連絡をし振込先を教えるというシステムです。

このシステムを知っているでしょうか?闇金を利用したことがない人は知らないでしょう。そして初めての顧客に事前連絡のシステムが有ることを告げません。こうすることで返済をさせない理由ができ返済日になったのにも関わらず利用者は完済できません。事前連絡をしてきた場合でも、電話に出ず返済を拒んで来ます。これで5万円しか貸していないのに8万円が返ってくることになります。

事前連絡の対処法

闇金業者の一番相手したくない客はめんどくさい客だそうです。事前連絡の有無で完済を断られても強く完済を希望し連絡し続けましょう。完済さえできればもうその業者との直接的な付き合いは終わりですし完済できないならまだしも完済できる状況に居るのですから強気に対応しましょう。

返金された場合

無理にでも返済した場合最悪の場合かってに利用者の口座に返金し再度利息を請求してきます。案外言われていない振込って気が付かないですが日付が記録されている以上向こうは強気に出てきてしまいます。無理に返済した場合はその対処法として自身の銀行口座を一時的に利用停止にしておきましょう。

完済したのに利息を請求された!大丈夫?

こちらがしっかり対処してもこじつけで利息を請求してくる悪質な闇金業者も存在します。でも安心してください。事前連絡など対応してくれなかった闇金業者に非があるのは間違いないですし完済しているわけですから借りた者としての義務はしっかり果たしています。怖がらず堪えて闇金業者との縁を切るのを最優先にしましょう