信用情報機関とCRINイメージ画像

審査に落ちて借りれなかった。消費者金融の口コミでは審査に落ちたという言葉は日常的に出てくる言葉です。でも実際どのように審査が行われているかなんてわかっていない人が大半、審査の中身を知るためには信用情報機関を知る必要がありますので、今回は信用情報機関について詳しく解説します。

CRINと信用情報│消費者金融の審査

即日融資を希望する人にとって、審査時間が最も重要ですよね。審査に時間がかかっては融資を受けるまでに時間がかかってしまいますから。とはいえ融資しお金を返してもらいながら金利・利息を支払ってもらうことで利益が出るのですから消費者金融会社も返してくれない人にお金を貸すわけにはいきません。審査に時間も掛けることはできないですし返してくれるであろう人にしか融資はしたくない。では何を基準に審査をしているのでしょうか?

信用情報

申し込みには個人情報を提示する必要があります。

  • 住所・氏名・年齢・居住種類などの個人に情報
  • 勤務先・勤続年数・年収などのお仕事に関する情報
  • 他社の借り入れ状況

などなど大変多くの情報を開示しなければなりません。しかし、それだけの情報で審査などできるわけがないですよね。審査の際には信用情報機関に登録されている情報を確認し、申し込み者が提示した個人情報と照らし合わせ判断します。

信用情報から得られる情報

信用情報機関には以下の情報が保存されていて信用情報機関に加盟している業者ならいつでも閲覧可能です。

信用情報
  • 氏名・住所・勤務先・電話番号・免許証の番号などの個人情報
  • 利用中の消費者金融会社の名前・件数
  • 利用金額・返済状況
  • 金融事故の有無
  • 次回入金予定日
  • 異動情報

これらの情報が保存されています。異動情報については、返済遅延や延滞(返済が滞った状態)になると債権回収会社に債権が異動します。その異動情報が保存され、この状態がブラックと言われています。

信用情報機関

現在日本では3つの信用情報機関があり、その情報はCRINというシステムによって共有されています。CRINが利用される前は、情報の共有に時間がかかり、借り入れ情報の保存が1日~1週間ほどかかる場合が多く情報の共有とはいえない状況でしたがCRIN利用開始後は瞬時に情報の共有が行われる状態になっています。現在の貸金業法・金商法ではいずれかの信用情報機関に加盟が必須となっていて、正規の貸金業者なら必ず加盟しています。消費者金融、クレジットカード、銀行など同じ貸金業でも信用情報機関により取扱業種が若干異なりますので信用情報機関への開示請求を行う際は注意が必要です。また、1つ限定というわけではなく複数の信用情報機関に加盟している場合もあります。

3つの信用情報機関

日本に存在する3つの信用情報機関をご紹介します。

全国銀行個人信用情報センター(KSC)信用情報機関KSC

主な加盟業種は銀行です。また、保証会社もKSCに加盟することができます。
株式会社シー・アイ・シー(CIC)信用情報機関CIC

主な加盟業種はクレジットカード会社で、クレジットカード会社が合同出資しクレジットカードのための信用情報機関を昭和59年に設立しました。また、携帯電話を分割購入する際にもCICを利用し審査をおこなうのでクレジットカードの延滞や異動情報記載によりブラックとなりますと携帯電話を分割で購入できなくなるということが起こります。
株式会社日本信用情報機構(JICC)信用情報機関CIC

主な加盟業種は消費者金融業者、商工ローン会社です。最も厳しく情報を保存しているのがこのJICCで他では登録されていないお金の動きなども記載されています。

業者側はいずれかの信用情報機関に加盟することは必須ですが加盟には審査・条件が定められていて、全ての信用情報機関に登録できるわけではありません。また、加入先の信用情報機関により取扱業種は異なり情報の保存期間なども異なります

信用の保有年数

各信用情報機関により細かな保有年数が定められています。すべての情報が開示されているわけではないので、確実にこの年数で情報が消えると言い切れませんが現在出回っている情報をまとめました。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)
申し込み情報:6ヶ月
クレジットの支払情報や貸金業の借りれなどの情報:5年
調査記録:6ヶ月
全国銀行個人信用情報センター(KSC)
申し込み情報:6ヶ月
ローン、クレジットなどの返済状況:5年:5年
官報情報(破産や民事再生手続き):10年
株式会社日本信用情報機構(JICC)
申し込み情報:6ヶ月
借り入れ金額や債権回収などの利用状況:5年

このように各種信用情報機関によって保存している記録、保有年数は異なります。この情報はすべてCRINと呼ばれる情報交換システムによりどの1つの信用情報機関にしか加盟していなくてもいずれかの信用情報機関に加盟していれば情報を閲覧することが可能です。その為、クレジットカードがブラックの場合、消費者金融も借りれなくなる可能性が高いといえます。信用情報は申込や延滞時に参照する場合が多いので可能性としては低いですがクレジットカードを使えれば良いと考え消費者金融で延滞などを繰り返しているとクレジットカード会社から強制退会になる可能性もあるということです。

信用情報の開示

各信用情報機関へ開示手続きを行うと自分のどの情報が保存・保管されているか閲覧することが可能です。窓口や郵送、インターネットでの開示申請が可能ですので情報開示希望の際は各信用情報機関のホームページを見てみると良いでしょう。ただし、開示したからと言って情報が消せるわけではありません。多くの場合は消費者金融、クレジットカード会社との契約の際の契約書に信用情報機関への登録が行われると言う項目に同意しているため、同意していないという状況は起こりません。

信用情報│CRINのまとめ

小難しい話が続いてしまいましたが、信用情報というのは申込みなどの際に必須な情報です。総量規制に関する情報も閲覧できるわけですし返済状況も全て筒抜けということです。保有期間も5年~10年と先にも影響することですので、借りたものは返すを心がけるしかないでしょう。今はよくても10年後家のローンを組む必要があるときに、クレジットカードの支払いが3万円残っていて支払い忘れていた...たったそれだけでも家のローンが組めなくなる可能性もあります。貴方の信用情報に異動と書かれていたら...もう闇金に頼るしかないかもしれません。もちろんおすすめすることではありませんので利用の際は十分お気をつけください。