自動車担保型金融【車金融とは?】イメージ画像

みなさん車金融と呼ばれている自動車担保型金融はご存知でしょうか?

自動車担保型金融(車融資)の仕組み

所有している自動車を担保として預けることによりお金を借りる仕組みを自動車担保型金融の仕組みです。
細かく記載すると、「名義変更手続きの書類一式を作成し預ける」ことにより担保とするケースが多いです

ことのはじまりは中古車業を営んでいる人が自社の製品(中古車)を担保に貸金業者にお金を借りたことから広まりました。

例えば中古市場価格が100万円前後の車だとしましょう。
その車を担保に50万円のお金を借りた場合、何か理由があり返済不能となったらその車を車金融業者に譲渡することとなります。

本来担保により金銭の賃借が行われた場合借りた金額(債権額)を超える利益分は返済されるのですが、契約書により車を譲り渡すと記載されているので、100万円で売却出来る車を担保に50万円お金を借りた場合でもすべて戻ってくることなく、車金融の業者に渡ることとなります。

自動車の売買は貸金業規制法のルール外となります為、高金利となった場合でも法律に当てはまることなく営業が可能なのです。

nottamama.jpg

借りる側のメリット=乗ったまま融資を受けれる

車金融業者の営業方法にもよりますが借りる側が「自分の車に乗ったまま」融資を受けることが出来ます。

乗ったまま融資を受ける場合の多くは、「名義変更の書類を作成し預ける」ことにより融資を受けれます。

担保に出されるとはいえ乗ったままですから何も変わらず生活のまま融資を受けることができるわけですから借りて側としては楽でいいですよね。

toraburu.jpg

トラブルや評判

前途に書いた乗ったまま融資を受けることについては大きなデメリットもあります。
「名義変更の書類を作成し預ける」ということを担保にお金を借りることになるわけですから返済の遅延や滞納を行ってしまった場合は車金融業者により名義変更がおこなわれ、車を引き渡さなければなりません。
車を引き渡さなかった場合は、すでに名義変更がおこなわれている車ですから車の所有権は車金融業者にあります。
その車金融業者により盗難届が出され窃盗で逮捕されるというトラブルが多くみられるので利用する方は考えて利用しましょう。