ブラックでもOK?【審査の甘い消費者金融って?】イメージ画像

貸金業界に「ブラック・ブラックリスト」と言うものは存在しません。

クレジットカードや消費者金融の所属している信用情報機関の保有するリストに「延滞・未払い・債務整理や自己破産」などの金融事故情報記載されていることを総称してブラックと呼ばれています。
ブラックリストなどではなく、信用情報が悪いので消費者金融に融資NGと判断されているだけなのです。
しかし、信用情報機関との提携関係がない「正規貸金業者」ではないところに関しては、提出書類などに頼らざるをえない状況となり、審査が甘く感じる場合もあります。

借りる

ブラック対応可能業者から融資を受けなければならない場合リスク考えなければなりません。

ブラックを対応してくれる=悪質な貸金業者(闇金業者)に限定されてしまうため、知らずに利用してしまった場合は多くのリスクが待っているかもしれません。

悪質な街金や闇金業者の場合融資条件が利用者にとってかなりの悪い条件であることが多く、法定外の金利や短期一括返済を求められることも多いでしょう。
さらに同業者への個人情報流出なども考えられます。
闇金業者を利用しなければならない状況のときに電話で「お金に困ってますか? 融資しますよ」なんて甘い誘いがあればついつい耳を傾け追加融資を受けてしまうことだって考えられます。

闇金業者を利用する場合は前途のリスクをすべて受け入れた上で利用しなければなりません。
今その時借りなければならない理由がある、そういうときこそ闇金業者の利用を考えてしまうことでしょう。しかし、そういうときこそ冷静に考えてみなければならないのではないでしょうか。
当サイトは融資のコツや闇金業者の見極めなど多くのコンテンツを用意しています。
それらを見てからでも遅くはないのではないでしょうか?