100万円を借りる│消費者金融の限度額イメージ画像

消費者金融で10万円借りるのは難しいことではありません。しかし、消費者金融でお金を借りるとなると総量規制を上回る金額を借りることができません。その為10万円程度なら信用情報さえ良ければ借りることはできますが100万円となるとなかなか難しいと考えられています。そして、消費者金融にも一人あたりの融資上限額が予め決められているため、総量規制をクリアしていても借りることができない可能性があります。消費者金融で100万円借りる方法をいくつかのパターンでご紹介します。

消費者金融の限度額と総量規制

今回は100万円借りるということをテーマにお伝えしていきますが、消費者金融の上限額を話すためにはまず総量規制というものを理解していないと難しいでしょう。

100万円借りたい│総量規制について

総量規制は貸金業法にて定められている融資限度額のことです。年収の3分の1と定められていて消費者金融業者は総量規制を超える金額を融資してはいけません。サラ金と呼ばれていた時代、グレーゾーン金利もさることながら主婦やフリーターでも誰でも簡単に借りれてしまうことが問題となっていました。借りれるのに返せない・・・法改正を行い返せる金額しか借りれないように、そしてグレーゾーン金利を撤廃し金利・利息の透明化を図り今にいたります。

消費者金融各社の限度額

では100万円借りるためにはどうしたら良いのかという本題に入りましょう。消費者金融で借りるためには総量規制を気にしなければなりません。その為100万円借りるためには最低でも年収300万円なければなりません。総量規制を超えてはいけないので総量規制の限度額ギリギリまで融資をしてくれることはないので年収400万円くらいなら可能でしょう。※もちろん審査通過は最低条件です

そして融資可能額が100万円を超える消費者金融を探さなければなりません。

大手消費者金融の限度額

大手消費者金融の限度額

年収の3分の1を超えてはいけないという法律は存在しますが、融資可能額については細かな取り決めはありませんので各社融資限度額に違いはあります。また、融資金額が高くなるにつれて必要書類なども違いがあるのでご確認ください。

アコム
1万円~800万円まで
新生銀行レイク
1万円~500万円まで
プロミス
1万円~500万円まで
アイフル
1万円~500万円まで

誰もが知っているような大手消費者金融は限度額は大きく設定されていることが多いですが、審査も厳しくなっていますので100万円以上借り入れするのは難しいといえるでしょう。

中小消費者金融の限度額

中小消費者金融の限度額

大手消費者に比べて審査が甘い消費者金融と言われるのが中小消費者金融です。しかし審査が甘いと言っても正規貸金業者ですから総量規制は最低限の法律として定められています。また、利用者も多くはありませんから大手消費者金融に比べると収益も少ないため、融資限度額が低く設定されていることも多いです。

キャッシングのフタバ
50万円まで
キャッシングエニー
1万円~100万円まで
フクホー
5万円~200万円まで
アロー
200万円まで

限度額は大手消費者金融と同じで様々ですが、フタバのような準大手とも言える消費者金融業者でも50万円までと低く設定されていることが多いです。また、インターネットでの申し込みには対応しているが契約の際には店舗に行かなければならない会社も多く、地域が限定されているため限度額は100万を超えていても審査すら受けれない状況となってしまう場合もありますし、100万円を超える場合金利なども1%刻みで大きく影響してきます。100万円で1%変わると利息が1万円も変わってきますからね。上限金利は決まっていますが、大手消費者の方が若干低く設定されていることが多いですし中小消費者金融は地域によって融資不可であったり融資に時間がかかったりなどあります。もちろん大手消費者金融に比べて審査が甘いなどメリットもありますので、各々の申し込み条件にあった消費者金融選びが大事です。

100万円借りるには│収入証明

収入証明の提出

50万円を超える融資には収入証明が必要です。と記載されているのを目にしたことはないでしょうか?この収入証明は用意するためには多少時間がかかる場合が多く、予め準備しておく必要があります。

収入証明│源泉徴収票

会社勤務の場合源泉徴収票が収入証明となる場合があります。会社勤めの場合会社に申請を出せばもらえるでしょう。引っ越しなどで利用する場合もありますので、何に必要か聞かれたら引っ越しの審査といえばごまかせます。

収入証明│給与明細

消費者金融業者によっては認められない場合もありますが、給与明細が収入証明となる場合もあります。住民税が記載されていない場合は何ヶ月分か用意する必要があり、源泉徴収票よりも信頼度は低いです。

収入証明│所得証明書・税額決定通知書

所得証明は役所で発行してもらう書類なので一番信頼度は高いです。書類の名称はお住いの地域によって異なる場合があるので、該当地域で調べてみてください。

収入証明│確定申告書

確定申告の際の書類なので、所得証明書同様信頼度は高いです。

100万円借りるには│まとめ

消費者金融にて大きな額を借りるためには、通常の借り入れと必要書類が違ったり、金利が変わったりなど、変化が見られます。もちろん総量規制は大前提ですし、他社からすでに借り入れがある場合は他社の借り入れ金額と合わせて年収の3分の1を超えてはいけない決まりとなっています。自分が借りる為の最低条件を超えているのかも踏まえたうえで検討しなければなりません。消費者金融は原則的に保証人も不要ですし無担保ですので大きな金額の融資はそれなりに審査が厳しくなりますので断られる覚悟が必要となります。また、細かくいろいろな会社から借りるのも一つの手ではありますが、消費者金融を複数利用していると信用情報の信頼度が大幅に減ります。信用情報は共有されていますのでどこでいくら借り入れがあるかは目に見えてわかりますので複数社利用して100万円を融資してもらうよりは一社に絞ってから検討した方が良いでしょう。