ブラックなのに銀行から融資を受けれた?イメージ画像

ブラック・ブラックリスト 消費者金融の話しをしていると、どうしても切り離すことができない言葉です。
ブラックとは法律などで厳密に定義されているわけではなく、信用情報機関に登録されている信用情報が限りなく悪いことを指しています。
厳密にいえば信用情報機関でも、ブラックの線引きなどはおこなわれていませんので、信用情報が悪い状態をまとめてブラックと呼んでいるだけなのです。

ブラックで出来ることと出来ないこと

できること、できないこと

信用情報が悪くなっしまい、ブラックになってしまったらできなくなることはなんでしょうか?

  • 消費者金融で新規借り入れができなくなる
  • 消費者金融で追加融資が受けれなくなる
  • クレジットカードが新規で作れなくなる

上記は出来なくなってしまうことのごく一部です。
出来ることより出来ないことのほうが圧倒的に多いでしょう。

銀行の融資

銀行からの融資と消費者金融からの融資は全く別ものといってもいいでしょう。

消費者金融は貸金業法が適用されますが銀行は銀行法が適用されます。

つまり、消費者金融でブラックであっても、銀行ではそうでない可能性が大きいです。

消費者金融でブラックでも大丈夫?

消費者金融の利用状況やブラックであるか否か。 その情報は信用情報機関にて情報共有が行われます。
ブラックとなってしまった経緯は様々だと思いますが、ブラックとなってしまった理由ももちろん共有されるのです。

銀行は貸金業法が適用されませんが、信用情報機関に登録していて消費者金融の情報も共有されています。
つまり、法律に違いはあっても。 銀行の融資を受けたことがなく、ブラックでない状態でも全ての情報が共有されているといっても過言ではないでしょう。

銀行が重要視していること。

では消費者金融でブラックになってしまったら絶対に融資を受けることは出来ないのか?

そう思ってしまいますが、融資を受けれる可能性はあります。

しかし、消費者金融でブラックになってしまった以上、高額の融資は難しいかもしれません。

銀行が重要視している信用情報は高収入か否かではなく継続的に、長期的に一定収入を保っているかなのです。

もちろん消費者金融をどれくらい利用しているか。ブラックかそうでないかは確実に見てくる部分ではありますが、銀行によって融資可否の判断は違いますし地方の銀行でしたら、顧客獲得のために条件を緩くしている場合もあります。

ブラックだから確実に融資してもらえない...と思わずに、一度トライしてみてもいいかもしれません。
100万円以上の融資は難しいと思いますが、ブラックなのに100万円以下の融資を受けれたという報告や口コミはたくさんありますので、そちらを見てみるのが一番かもしれませんね。