ブラックの基準は?イメージ画像

金融関係で「ブラック」という言葉を耳にすると「ブラックリスト」が頭に浮かぶと思います。

金融事故や問題があり「信用情報期間および信用情報調査機関」に登録された人のことをさします。

その他にもあまり聞き慣れないとは思いますが「申し込みブラック」と呼ばれる状態があり、短期間で複数の貸金業者に申し込みをおこないすべて通らなかった場合「申し込みブラック」という状況になることがあります。
「申し込みブラック」の場合、申し込みだけだから・・・なんて思ってしまうかもしれませんが、信用情報機関には数年情報が保存されますから、その先の融資やもし融資を受けれた場合の追加融資などがおこなえないようになってしまったりなど「申し込みブラック」だけでも金融事故を起こしてしまった人と同じ扱いになり、信用がないといえる状態となってしまうでしょう。

burakkunokijun.jpg

中小企業の金融業者

前途のブラック状態となってしまうと銀行・大手の消費者金融では申し込みの段階で瞬時に拒否されてしまうのは明らかです。

また、クレジットカードの申し込みに関しても信用情報により拒否されてしまいますし中小の金融業者でも同様です。
それくらいブラックというのは貸金業者からしたら共倒れの危険性の高い信用度が無い人として扱われてしまいます。

仮に貸金業者から融資OKとなった場合でもかなりの悪質な業者である可能性だったり(法律ギリギリの金利や短期での返済)の場合があり更なる悪循環となってしまう可能性が多いでしょう。

そのような状況で手を出してしまうのが闇金です
。 闇金は正規貸金業者ではありませんから信用情報機関の情報を参照することはできません。
しかし、昨今は闇金業者同士でもネットワークや情報共有があり悪質なブラック(お金を返す気のない人)などは拒否されてしまう場合が多いです。

闇金業者は大手の消費者金融業者ほど大きな金額を動かすことはできませんから、闇金業者同士のネットワークを駆使することにより『少額なお金でリスクを冒さなくても』安全にお金を回収できる申込者を優先するのは当たり前ですよね。

融資のコツについて

金融の申し込みを通す(融資を受ける)ためには金融業者の要求する資料を素早く揃えて正確な情報提示を行うことが必要です。
融資申し込みの担当者は申し込み対応専任の場合が多く、場数をこなしていますから情報開示や資料の提出が遅いとそれだけで印象が悪くなることは間違いないでしょう。

融資理由なども説明時についても謙虚に誠実さを持って対応する方が適当に対応するよりも圧倒的に有利と言えるでしょう。
相手は場数をこなしたプロです、不誠実な対応をしていたら断られていた融資も誠実な態度で向きあえば融資希望額が満額出ない場合でも少額融資などは対応してくれる可能性だってあります。

ブラックだから・・・と適当な態度で申し込みした経験はありませんか? そのときしっかりとした対応だったら、もしかしたら・・・少し可能性は有ったかもしれませんよ。

しかし、その逆も有るでしょう。 担当者の態度が横暴であったり高圧的な場合が多いです。
貸金業者は特に高圧的な態度で融資申込者に接してくる人が多いんです。それもそのはず、相手が高圧的に接してくるとこちらも緊張してガチガチになってしまいボロが出やすくなりますよね。それを担当者が見極めたいわけです。

しかし、あくまでもお金の融資を受ける場合「お金を借りる」と言う立場なのですから、圧倒的に融資する側が有利です。辛抱して融資が実行されることを期待し相手がどのような態度でも謙虚に対応することが大事でしょう。

審査について

各貸金業者はなにを基準に審査をおこなっているのか。何を重視して審査をしているのか
やはり貸し手側が決めた条件に適しているのかを判断し審査を行っているといえます。

申し込みを行う人がブラック(金融事故を起こしたことがある)であれば貸したくないと言われても当然ですよね。

中小や闇金業者の審査の場合、申込者は大手での融資を断られた可能性が多いのは安易に想定できますから、見極める以前に審査のハードルを設け可否を取ります。

『ブラックでも融資OK 誰でも融資』と謳っているところもありますが、実際は誰でも良いわけではなく、最低限の審査ハードルをクリア出来た人に融資を行います。 しかしそこの審査を蹴られてしまった場合はほとんどどこの金融業者に融資申し込みをしても同じような状況となってしまいます。
その場合は返済などをおこない、ある程度自分の状況を良くしていった方が良いと思います。