ブラックのための消費者金融イメージ画像

当サイトはアフィリエイトを目的とした内容の薄っぺらいサイトではなく、本当に役に立つブラックのための消費者金融情報をお届け出来ればと考えています。

テレビコマーシャルなどで放送しているような「銀行系消費者金融」などは紹介せず、あまり知られていない消費者金融の生きた情報をお伝えしていきます。

burakkunotameno.jpg

全国的な銀行系消費者金融会社

  • アイフル
    バナナマンのCMでお馴染み。全国的に有名ですよね。
  • モビット
    タレントの竹中直人・夏菜でお馴染みの「三井住友銀行グループ」の消費者金融
  • PROMISE
    こちらも「三井住友銀行グループ」の消費者金融
  • ノーローン
    1週間無利息キャッシングを全面に押し出している「新生銀行グループ」の消費者金融
  • アコム
    永作博美のCMでお馴染みですよね。
    こちらは「三菱UFJフィナンシャルグループ」の消費者金融

テレビCMなどで放送していたり全国的に有名な「大手銀行系の消費者金融」はこれくらいでしょうか。

当サイトはこういった一般的な銀行系消費者金融は紹介せずにブラックの方に目を向けたサイト作りを行っていきます。

いまさらだけどどうしたらブラックになるの?

各機関に記録されている信用情報が悪い=ブラック

このように思ってる方が多いはずです。

実際に金融業者に確認したところ「ブラックと言うのは存在しない」と言われてしまいました。

厳密に言えば「ブラックな状態」と言うものは存在するが多少返済が遅れても、後々返済が追いつけば信用情報がそこまで悪くなることはないそうです。

どうしたら「ブラック」になるのか

返済を放置(少しずつでも返済をしない)したり自己破産、債務整理また、TVCMで放送されている「過払い請求」をおこなってもブラックとなる場合があります。

正規の営業を行っている消費者金融は返済がないと赤字になりますし法律で決められている金利なのにも関わらず放置されたりしたら、信用を取り扱う仕事である以上経営は成り立ちませんよね。。
そういった状態ですとブラックになってしまっても仕方がありませんよね。

ブラックで借りれる金融会社はないのか?

平成22年に行われた法改正により消費者金融会社は、指定信用情報機関への加入が義務化されました。
その結果正規営業をおこなっている消費者金融に申し込みをおこなうと信用情報が申し込みをした消費者金融に開示され信用情報がが共有される状態へ移り変わったため、融資のお断りが頻発したわけです。

主に本記事で紹介した銀行系の消費者金融以外にも「正規の貸金業者」は存在しますし、過去ブラックでも消費者金融から借り入れをおこなえた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
成功例や失敗例なども含め今後、返済の延滞・自己破産・債務整理・過払い請求などを行いブラック扱いとなってしまった方がどのようにお金を借りれるのかをお伝えするとともに実際の消費者金融を紹介していきたいと思っています。